貯水槽清掃

貯水槽とは

ビルやマンション等では、水道管を通って送られてきた水を一旦水槽に貯めて、ポンプを使って建物の利用者へ供給しています。この給水設備を総称した施設を『貯水槽』といいます。


貯水槽清掃について

貯水槽の清掃は水槽内の沈殿物質や付着物質の除去に加え、関係設備の点検を行い、衛生的で十分な機能を発揮できるかどうかを確認することが重要となります。たくさんの人が使用する飲用水の安全と衛生を確保するため、大きな役割を果たすものです。

清掃を怠ると貯水槽内が不衛生になり、水質汚染が発生するリスクが高まる為、水道法及び水道法施工規則により、年1回以上の清掃が義務付けられています。


貯水槽清掃作業の流れ

貯水槽の状況(破損・漏水の有無)、設備や機器の状況(故障・不備の有無)、周辺の衛生状況の確認をし、水槽外部や周辺の清掃を行います。

消毒用の水槽を設け、清掃用具・機器類の消毒を行います。

水槽内の水を一旦抜き、高圧洗浄や薬剤を使用し清掃を行います。

清掃をした水槽内部に消毒薬を噴霧し消毒を行います。

水槽内に水を張りポンプを始動、水を使える状態に戻し、各機器類の作動状況の点検を行います。水を採取し水質検査を行います。

清掃作業報告書を作成し、管理者様へ提出致します。その際、故障や改善箇所がある場合には改善のご提案をさせて頂きます。

料金について

貯水槽の容量や高架水槽の有無、設備設置状況によって異なりますので、基本的には現地でのお見積りをさせていただきます。

対応エリア

尾張地区全域に対応しております。(その他エリアは応相談。)

尾張地区全域マップ

お問い合わせ